English

速水研究室
Hayami Group      

物質科学の魅力の1つは,組み合わせる元素の種類や組成比,結晶構造の違いによって,磁性や超伝導,誘電性などの異なる物性が現れる多様性です.その中でも強相関電子系では,固体中の電子同士が互いのクーロン反発力の影響を強く受けることにより,電荷の自由度だけではなく,スピンや軌道の自由度といった他の内部自由度が重要な役割を果たすようになります.これらの内部自由度は,スピン軌道相互作用や結晶構造の歪みといった様々な要素を通じて絡み合うことによって,通常の金属や半導体では考えられない面白い性質を生み出します. 我々の研究室では,こうした強相関電子系が示す多彩で魅力的な物性現象を理解するうえで重要な要素を最小限だけ取り入れたモデルに対して,量子統計力学に基づいた理論解析と数値シミュレーションを相補的に用いた研究を行っています.研究を通して,これまでにない新しい量子状態や物性現象の発見・理解といった基礎物理の開拓に留まらず, 次世代のテクノロジーの理論的な基盤を提供することを目指しています.

最近の研究テーマとしては以下のものがあります.
  • ミクロな拡張多極子に基づいた電子物性表現論の構築
  • 電気・磁気・弾性・熱・光自由度間にまたがる新しいマルチフェロイクス現象の開拓
  • トロイダル秩序が誘起する物性現象の開拓と理解
  • スピン軌道相互作用がない系における創発的スピン軌道物性
  • 遍歴電子フラストレーション機構に基づいたスキルミオン結晶の創出
  • 遍歴磁性体に現れる新奇トポロジカル磁性相の探索
  • 電荷スピン結合系における新しい電子状態やトポロジカルな性質
  • 局在スピン系におけるスキルミオンおよび磁気渦の安定化機構およびダイナミクス
  • 非相反マグノンバンド生成機構の理解
  • 反強磁性スピントロニクスの実現に向けた機能物性開拓
  • 幾何学的フラストレーションが創る新しい磁気秩序
  • 現実物質が示す非自明な電子相および物性現象の解明
  • 速水研究室は2019年11月に発足した研究室です. 意欲的な学生を募集しています.修士,博士課程進学希望の方は,工学系研究科物理工学専攻の入試情報,ポスドク希望の方は,日本学術振興会の特別研究員を参照ください. 研究内容に少しでも興味のある方はぜひ研究室についてお尋ねください.電話やe-mailでの問い合わせも歓迎です.

    ニュース

    • Physical Review B に論文 "Nonreciprocal magnon excitations by the Dzyaloshinskii-Moriya interaction on the basis of bond magnetic toroidal multipoles" が掲載されました. (10/22/2021)

    • 雑誌「固体物理」に誌上セミナー "ミクロな多極子による電子物性の表現論(その7)" が掲載されました. (10/15/2021)

    • 速水賢が10月11日に"統計力学セミナー"にてセミナー発表を行います.

    • Physical Review B に論文 "Charge density waves in multiple-Q spin states" が掲載されました. (10/5/2021)

    • Physical Review B に論文 "Meron-antimeron crystals in noncentrosymmetric itinerant magnets on a triangular lattice" が掲載されました. (9/20/2021)

    • Journal of Physics: Condensed Matter にレビュー論文 "Topological spin crystals by itinerant frustration" が掲載されました. (8/19/2021)

    • Physical Review B に論文 "Multipole classification in 122 magnetic point groups for unified understanding of multiferroic responses and transport phenomena" が掲載されました. (8/9/2021)

    • Journal of Physical Society of Japan に掲載された論文 "Field-Direction Sensitive Skyrmion Crystals in Cubic Chiral Systems: Implication to 4f-Electron Compound EuPtSi" に関する内容が科学新聞で紹介されました. (8/6/2021)

    • Journal of Physical Society of Japan に掲載された論文 "Field-Direction Sensitive Skyrmion Crystals in Cubic Chiral Systems: Implication to 4f-Electron Compound EuPtSi" に関する内容がJPS Hot Topicsで紹介されました. (8/3/2021)

    • 速水賢、指導学生の松本拓哉さん,山家椋太さん,共同研究者の那須譲治さん,奥村駿さん,N.D.Khanhさんが9/20-23にオンラインで行われる日本物理学会"2021年秋季大会"にて研究成果発表を行います.

    2021年のニュースはこちら

    2020年のニュースはこちら

    2019年のニュースはこちら

    2018年のニュースはこちら

    2017年のニュースはこちら

    2016年のニュースはこちら

    2015年のニュースはこちら